自己PRを話す準備

自己PRを面接に備える

面接では求人に合った自己PRを

就職活動でもっとも苦労するのは面接だといっても過言ではありません。得意な人にとっては簡単なものですが、苦手な人やポイントがわかっていないとなかなか内定をもらうことは難しいです。求人情報や業務をしっかりと把握し、それに合った志望動機、自己PRを作成することが必要になります。なぜその会社を選んだのか、他にも同じような業務を行っているなかでなぜそこを選んだのか。よく質問されることですが、その場で対応することは難しいです。相手は面接を何回も行っている人事の方ですから、上辺だけの答えではすぐにボロが出ます。自己PRは相手がどのような人材を欲しているのか求人を見て把握し、それに合うエピソードを出せれば好印象です。

志望動機をはっきりと伝えよう

求人情報をみてやってみたい仕事がみつかったら応募し、企業からの連絡を待って次に面接となります。企業の面接担当者にいい印象を与えられるよう、どのように自己PRをするのかあらかじめ考えておくと安心です。短く的確に自分の長所や特徴を話すことができれば、他の人にはない魅力が伝わりやすいでしょう。また、求人情報に応募しようと思ったきっかけや、志望動機などを分かりやすく説明できると、一緒に仕事するならどんな仕事が向いているか、などと考えてくれるでしょう。話すときの姿勢やマナー、挨拶、声の大きさなども採用のポイントとなるので、リラックスして本番にのぞめるよう、練習したりシミュレーションをしておくといいでしょう。

↑PAGE TOP